ぷりぷりプリンセス 効果・口コミ・レビュー

穀物麹由来の酵素と植物由来の酵素の違い

穀物麹由来の酵素と植物由来の酵素の違い

酵素は、私たちが生きていくうえで必要不可欠な物質です。酵素は、私たちのからだの中で消化を助けたり、腸内細菌を良好な状態で保ったり、老廃物の分解と排出、免疫力の向上や新陳代謝の促進などの働きを担っています。これにより、便秘の改善や肌荒れ、ダイエットなどの美容効果も得ることが期待され、現在注目されています。

 

私たちのからだの外から補うことのできる酵素を食物酵素といいますが、このような酵素には穀物麹由来の酵素や植物由来の酵素の2種類の酵素があります。

 

この2つの酵素はどのような点で異なるのか、穀物麹由来の酵素と植物由来の酵素について原材料や含まれる酵素の違いに着目してご説明します。

 

 

 

穀物麹由来の酵素

穀物麹由来の酵素とは、その名前の通り、穀物を麹菌によって培養し、そこから得られた酵素のことです。麹菌は微生物の一種で、この麹菌を蒸した米に生育させたものが、私たちがよく耳にする「麹」というものになっています。
麹菌によって培養される代表的な穀物には、米や麦、大豆などがあり、醤油や味噌、日本酒なども麹によって発酵された食品になります。

 

 

麹について

麹菌はタンパク質や炭水化物を分解することによって酵素を作り出します。
また、麹菌や麹菌で作られた発酵食品には「セラミド」とよばれる成分が豊富に含まれ、このセラミドは肌の保湿成分であり、食べたり肌に塗ったりすることで肌の保湿効果が得られることがわかっています。

 

麹には麹酸が含まれ、美白効果も期待できることが明らかとなっており、化粧品の原料としても活用されています。

 

 

 

植物由来の酵素

植物由来の酵素とは、野菜や果物、海藻、キノコ類などに酵母菌や乳酸菌によって発酵されることによってつくりだされる酵素です。加熱をせず、長時間かけて発酵させます。

 

植物由来の酵素の特徴は、酵素量よりもアミノ酸やミネラル、ビタミンなどを豊富に含んでいるという点です。これらが含まれ、補酵素として働くことにより、体内の酵素を働かせることが可能になっています。

 

 

 

ダイエットには穀物麹由来の酵素のほうが効果的!?

穀物麹由来の酵素と植物由来の酵素にはそれぞれ優れた点があり、植物由来の酵素はアミノ酸やミネラル、ビタミンを豊富に含んでいるのですが、穀物麹由来の酵素の優れた点は、消化酵素としての力が他の酵素よりも強力であるという点です。

 

麹菌そのものが大量の酵素をまとっており、穀物麹由来の酵素を摂取すると、生きたまま酵素を私たちのからだに送り込むことができます。これにより、酵素は消化酵素として強い力を発揮することが可能になっていると言われています。

 

麹菌がタンパク質や炭水化物を分解することによって作りだす酵素は、今までは口から摂取しても胃や腸で分解されるため便秘解消、肌荒れ改善、デトックス効果、美肌効果などの効果は得ることができないと考えられてきました。しかし現在では、動物による実験で、これらの効果が得られることが明らかになっています。

 

麹には植物や動物由来の食品には含まれないオリゴ糖が豊富に含まれており、オリゴ糖は小腸で吸収されずに大腸まで達することができるため、乳酸菌のえさとなり、乳酸菌が増殖することが可能になるのです。

 

よって穀物麹由来の酵素を摂取することで、腸内の乳酸菌が増殖することができ、腸内環境が整えられます。そして結果として、便秘解消によるダイエット効果やデトックス効果が得られるのです。
また、これらのデトックス効果によって、ニキビや肌の乾燥なども改善・予防でき、美肌効果が期待できます。

 

また、穀物麹は人間が体内でつくることのできない「セルラーゼ」や「ラクターゼ」などの酵素を作り出すことができます。セルラーゼは植物細胞の細胞壁を分解、ラクターゼは乳製品などを分解することができ、私たちが本来持っている消化力をサポートしてくれます。