ぷりぷりプリンセス 効果・口コミ・レビュー

水溶性食物繊維、難消化性デキストリンとモズク抽出物とは?

水溶性食物繊維、難消化性デキストリンとモズク抽出物とは?

女性の多くが抱える悩みのひとつに便秘があります。便秘は放っておくと、肌荒れなどのトラブルも引き起こします。

 

そんな便秘の改善に効果的だとよく言われるのが食物繊維ですが、かつて食物繊維は、体内に吸収されないなどといった理由で必要ないと考えられていた時代もありました。しかし、さまざまな研究により食物繊維の重要性が明らかになり、今ではビタミンやミネラル、タンパク質、脂質、糖質に次ぐ、第6番目の栄養素として関心が高まっています。

 

近年、私たちの身近になってきた食物繊維ですが、食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つに分類されることをご存じでしたか。

 

ここでは特に水溶性食物繊維に着目し、その代表である難消化性デキストリンやモズク抽出物についてくわしくご説明します。

 

 

食物繊維の種類

食物繊維は大きく、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分類されます。両者の大きな違いは水に溶けるか、溶けないかという点です。

 

水溶性食物繊維

水に溶け、水分を含んでゲル状(ゼリー状)のようになる食物繊維で、胃腸内をゆっくり移動します。便を柔らかくし、便秘の改善にも効果があります。

 

 

不溶性食物繊維

水に溶けず、水分を吸収して膨らむ食物繊維です。胃や腸で水分を吸収して膨らむので、便の体積も増え、腸の壁を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を促すことにより、便秘の改善に効果があります。

 

 

 

水溶性食物繊維のここがすごい

それぞれ異なる特性やメリットのある水溶性食物繊維と不溶性食物繊維ですが、ここからは特に水溶性食物繊維に着目していきます。

 

 

主な働き

水に溶けて、ドロっとしたゲル状になる水溶性食物繊維は、ゆっくりと胃腸内を移動するため、空腹感をあまり感じず、過剰に食べ過ぎることを抑制することが可能になります。これにより、ダイエット効果が期待できます。

 

糖質の消化・吸収も穏やかなため、血糖値の急激な上昇も抑えることが可能です。また、胆汁酸やコレステロールなどのからだに余分な物質も、水溶性繊維が吸着することで体外への排出が促されます。

 

注目すべき点は、水溶性食物繊維の発酵性にもあります。水溶性食物繊維が大腸内で発酵および分解されると、腸の粘膜を保護したり、ビフィズス菌などの善玉菌も増えるため腸内環境がよくなり、整腸作用が期待されます。この整腸作用は不溶性食物繊維よりも著しいと言われています。

 

 

水溶性食物繊維にはこんなものがある

水溶性食物繊維を多く含む食品には、昆布やわかめ、こんにゃく、果物、里芋などがあります。

 

水溶性食物繊維はその特性からダイエット効果が期待できるため、ダイエットサプリなどにしばしば含まれることがあります。なかでも、代表的なものが難消化性デキストリンやフコイダンといった成分です。

 

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンはダイエット効果のあるサプリメントなどには含有成分として非常によくみられる成分です。昆布やわかめなどとは異なり、難消化性デキストリンは人工の食物繊維です。

 

難消化性デキストリンは文字通り、「消化しにくいデキストリン」です。「デキストリン」とはトウモロコシなどのデンプンを加熱し、酵素処理して抽出された成分であり、特に、そのなかの難消化性成分を取り出して調製した水溶性の食物繊維が「難消化性デキストリン」になります。

 

日本人の食生活は欧米化してきたため、食物繊維が不足しがちだと言われていますが、このような問題を解消する目的で、難消化性デキストリンは作られました。

 

1日の摂取量の上限を定める必要がないほど安全性が高い食品で、食後の急激な血糖値上昇の抑制、整腸作用、食後の中性脂肪上昇の抑制などの効果があり、数多くの商品に含まれています。

 

 

モズク抽出物 フコイダン

モズクには、ネバネバの成分であるフコイダンとアルギン酸が豊富に含まれています。近年、特に大きな注目を集めているのが天然の水溶性食物繊維であるフコイダンです。

 

フコイダンには、がんを予防する効果や免疫力向上効果、抗アレルギーおよび抗ウイルス効果、胃粘膜の保護などの効果があることが明らかになっています。特に、近年ではフコイダンのもつ、がんの予防効果への研究が盛んにおこなわれています。

 

また、熱に強いという性質があるため、さまざまな料理や商品などにも応用されています。