ぷりぷりプリンセス 効果・口コミ・レビュー

乳酸菌、有胞子性乳酸菌の特徴

乳酸菌、有胞子性乳酸菌の特徴

ヨーグルトやチーズなど、私たちの身の周りにある食品のなかに含まれている成分として、しばしば耳にするのが乳酸菌です。乳酸菌はこのような乳製品のほか、発酵食品である味噌やキムチ、麹などにも多く含まれています。

 

私たちのからだによいと言われる乳酸菌ですが、実際に乳酸菌とはどのようなもので、どのような種類、効果があるのでしょうか。また、乳酸菌のなかでも有胞子性乳酸菌とは普通の乳酸菌とどのような点で違いがあるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

 

 

 

そもそも乳酸菌とは

私たち人間の腸内には実に100以上もの種類の菌があり、その数は100兆個にも及ぶと言われています。これらの菌は善玉菌と悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌の3つに分類することができます。

 

 

善玉菌・悪玉菌・日和見菌

善玉菌は、腸内環境を酸性に整えることで、体に有害な作用をもたらすと言われる悪玉菌の繁殖を抑え、侵入してきたウイルスなどにも対処します。健康の維持に欠かすことのできない善玉菌ですが、乳酸菌やビフィズス菌、麹菌、納豆菌などがその代表です。

 

乳酸菌とは、糖を消費して乳酸を産生する細菌全般のことを指します。ブドウ糖やオリゴ糖、乳糖などを栄養にすることで発酵し、その過程で乳酸を作り出します。

 

乳酸菌の含まれるものとしては、ヨーグルトやチーズ、バター、味噌、醤油、納豆などがあります。

 

一方、悪玉菌はその名の通り、腸内環境を悪化させる細菌です。この悪玉菌の数が善玉菌の数よりも優位になると、腸内環境は悪化し、有害物質が生成されます。この有害物質は、血液を通して全身に運ばれ、病気を引き起こす原因になることもあります。

 

日和見菌というのは、善玉菌・悪玉菌のどちらでもない菌です。私たちの腸内環境では善玉菌と悪玉菌がバランスを保って存在しています。通常であれば、日和見菌はほとんどからだに影響を及ぼすことはありませんが、腸内環境のバランスが崩れて善玉菌の数が優位になれば善玉菌のような働きをするようにふるまったり、悪玉菌の数が優位になれば悪玉菌のような働きをするようにふるまったりすることもあります。

 

 

乳酸菌の効果

乳酸菌には大きく、整腸作用と免疫作用の2つの効果があります。

 

整腸作用

乳酸菌が腸内で増加すると、乳酸菌の生成する乳酸の量が増え、腸内環境が酸性になります。これらは悪玉菌の増殖を抑制することはもちろんですが、腸における蠕動(ぜんどう)運動も促し、便通が良くなります。乳酸菌は下痢、便秘の両方を改善するのにも効果があると言われています。

 

免疫作用

乳酸菌には免疫力を向上させる作用があることも明らかになっています。腸には多くの免疫細胞が存在しているといわれており、乳酸菌を摂取することにより善玉菌が増え、腸内環境が整うことで、からだ全体の免疫力も向上すると考えられています。

 

 

 

有胞子性乳酸菌とは

乳酸菌には整腸作用と免疫作用の2大効果がありますが、一般的な乳酸菌は熱や酸に弱いという特徴があり、腸に到達するまでに胃酸や胆汁酸などの影響を受けて死滅してしまいます。
有胞子性乳酸菌は、このような乳酸菌の課題をクリアした乳酸菌です。

 

有胞子性乳酸菌は胞子を形成する乳酸菌の総称で、乳酸菌全体が「胞子」と言われる殻のようなもので覆われています。有胞子性乳酸菌は、なんと85度以上もの熱を加えても死滅しないことがわかっているのです。胞子によって菌全体が覆われることで熱や酸から菌本体を守ることができ、乳酸菌が「生きた状態で」腸まで届くことが可能になっています。

 

熱や酸に対して強いため食品に添加するなどの利用がしやすく、有胞子性乳酸菌が利用されている食品にはお菓子やパン、飲料などさまざまな食品や健康商品があります。

 

有胞子性乳酸菌は乳酸を産生する能力も非常に優れています。糖を発酵して乳酸をはじめとする有機酸を大量に生成し、腸内環境を整えることにより、善玉菌の増殖と悪玉菌の抑制に効果を発揮します。

 

また、腸に長くとどまることができるのも有胞子性乳酸菌の大きな特徴です。これにより、一般的な乳酸菌より効果を高く維持すると考えられています。