ぷりぷりプリンセス 効果・口コミ・レビュー

ダイエットと便秘の関係

ダイエットと便秘の関係

痩せたい、という思いからダイエットに取り組んだことがある女性の方は多いと思います。しかし、ダイエットをはじめて、それまで便秘など経験したこともなかったのに便秘に悩まされるようになったり、その結果思うように体重が減らなかったり…というように、ダイエットが慢性的な便秘を引き起こし、逆に痩せにくいからだになってしまうことがあります。

 

ダイエットと便秘は一見関係のないように思われますが、実は密接に関係しています。どうしてダイエットを行うことが便秘を引き起こす原因となるのか、その理由や、ダイエットが原因の便秘の解消方法に着目し、ダイエットと便秘の関係をご説明します。

 

 

 

ダイエットと便秘の関係

間違ったダイエット方法は便秘を引き起こします。体重を減らしたい、痩せたいという思いでダイエットを行っていても、便秘になってしまうと思うように結果がでないばかりか、痩せにくいからだになってしまうことがあるのです。ダイエットが便秘を引き起こすとして考えられている原因にはいくつかあります。

 

 

食事制限

栄養バランスのとれた食事をとることは、便通をよくするうえで非常に重要なことです。よって、食事の回数を減らしたり、極端に食事の量を制限することは便秘を引き起こす原因となってしまいます。

 

食事の量が減ることにより、それに伴い当然、便の量も減ります。便意は、直腸部分に便が達することで刺激され、生じます。便の量が減ってしまうと、このように便を押し出そうと力も弱くなってしまい、直腸部分への刺激も不足してしまうため便秘になるのです。

 

また、便が排出されず、腸内に溜まった状態は腸内環境の悪化を招き、肌荒れなども悪化させます。

 

水分不足

ダイエットの食事制限により、摂取する水分量も少なくなってしまいます。これは、私たちが普段口にしている食べ物には、想像以上の水分が含まれているからです。

 

便の硬さは含まれる水分により決まります。水分が不足してしまうと、便はカチコチ便となってしまい、排便がスムーズにいかなくなります。

 

筋力低下

食事制限ばかりに頼り、運動をしないようなダイエット方法では、筋力が低下します。スムーズな排便には腸の筋力や腹筋の力も重要です。

 

特に、女性は男性よりも筋力が弱いため、女性の方が便秘になりやすいと考えられています。

 

ストレス

ダイエットにより様々なことを制限するとストレスを感じやすくなります。ストレスと便秘は、一見関係ないように思われますが、実は密接に関係しています。

 

腸の動きをコントロールしているのが自律神経である副交感神経ですが、ストレスにより自律神経のバランスが乱れることで副交感神経が十分に機能せず、便秘を引き起こしてしまうのです。

 

 

 

ダイエットが原因の便秘の解消方法

間違ったダイエットは便秘を引き起こすことがわかりましたが、それではどのようにダイエットをすればいいのでしょうか。ダイエットしながら便秘解消の効果も得られる方法をご紹介します。

 

バランスの良い食生活

栄養素のバランスがとれた食事をすることや、便秘解消にも効果が高い食物繊維の豊富な食事を摂ることが大切です。食物繊維が豊富な野菜や海草類はおなかのなかで膨らむため、ダイエットにも効果的です。

 

水分不足は便が硬くなってしまう原因にもなるので、こまめに水分補給もしましょう。

 

 

規則正しい生活習慣

質の高い睡眠を十分にとることは便秘の解消につながります。睡眠不足によってストレスを感じると、ストレスが原因で便秘になってしまうからです。

 

また、睡眠をしっかりとったり、規則正しい生活習慣を身につけることはダイエットをするうえでも効果的です。睡眠中には脂肪を分解する作用のあるホルモンが分泌されるからです。

 

 

適度な運動

腸の筋力をアップさせたり、腹筋を鍛えることで便はスムーズに排出されるようになります。そのために食事制限だけでなく、運動を取りいれたダイエットをしましょう。

 

筋力トレーニングなどの無酸素運動や水泳、ウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせることにより、基礎代謝もあがり、ダイエット効果も便秘解消の効果も得ることができるようになります。